デメリット

ペットが便秘気味になってしまった場合

便秘の悩みは人間だけではありません。
ペットでも便秘になってしまうことがあるのです。
犬や猫などを自宅で飼っている方も多いと思いますが、それまで毎日排便をしていたペットが、1日、2日と排便しない日が続くととても心配になってしまいますよね。
人間と同じように犬でもそれぞれ排便の回数やペースも違うのですが、便秘気味のワンちゃんなどは生活の見直しなどが必要になってきますので、飼い主の方は充分に注意して様子を見てあげて下さいね。

では犬などのペットが便秘になってしまう原因を少しあげてみますね。
まずは毎日の食生活が問題です。
食物繊維の摂取量が少なかったり、水分の摂取量が少ないことが考えられます。

また、自宅で飼われているワンちゃんも多いかと思いますが、運動量が少ないことや、運動できないことや環境の変化などによるストレスで便秘になってしまうこともあるようです。
また消化しにくいものをたくさん食べたときや、ドッグフードを子犬用のものから成犬用のものに切り替えた時などにも、ドッグフードがカラダに合わないなどで便秘気味になってしまうこともあるようです。
他にはなにか病気が原因で詰まり気味になってしまうこともあります。

このようにワンちゃんが便秘気味になってしまう原因として考えられるのは、人間と同じように毎日の食事や運動不足、ストレスなどが挙げられるのです。
では犬などのペットのお腹の悩み対策をご紹介しますね。
食事の時間は決まった時間にあげるようにして、散歩もできるだけ毎日決まった時間に連れて行ってあげるようにしましょう。

このように毎日の生活リズムを整えてあげることがとても大切です。
また水分をしっかりとあげるようにして、食物繊維もたくさん摂るようにしてあげましょう。
そして消化の悪いおやつや骨などは控えめにするようにしましょう。
このようにして生活のリズムを整えて、食事を見なおしてみても便秘が解消出来ないようであれば、ペット用の便秘薬もあります。
ただし強制的に便意を起こすものですから、できるだけ薬を使用しなくて済むように早めに対策をとってあげるようにしましょう。


このページの先頭へ